2018年07月30日

タイハーブエキスポ2018

先日、バンコクへ行ってきました〜。

今回の旅は
「タイハーブエキスポ」に行く。
生のタイハーブを使ってハーブボールを作る。
それぞれの体質に合ったタイハーブティを試飲する。
そして、生のタイハーブをふんだんに使用した料理を教わる。
むむむ、かなりハードスケジュールです。

私が普段扱うのはドライハーブで、生のタイハーブに触れる機会はなかなかありません。生のタイハーブに触れて、香りを嗅いで、色を見て、味わって、タイの方がどのように生活に取り入れているのか、実際に見てみたい。

生ハーブ.jpg


「タイハーブエキスポ」は、年に一度開催される「タイ保健省」主催の、タイ国内最大規模のハーブの展示会です。タイ各地域から伝統的なマッサージや生ハーブ、人気のハーブ商品が集まります。
今回は私のハーブボールの先生と通訳(会場内は、ほぼタイ語オンリーです)の方が同行されるので、解説してもらいながら回ります。

炎.jpg

今年のエキスポのテーマは「タイハーブと知恵の世界的信頼」だそうです。
初日には式典やシンポジウムなどが開催され、タイハーブの首相賞の表彰式などもあったそうです。また業界向けのセミナープログラムも多数あって、タイ語が分かれば参加したいところです。


日本とは違う、と思ったことの一つに会場にタイ料理の屋台が多数出店していたことです。種類も豊富でそれこそタイ各地のお料理が食べられるんじゃないかな。通訳の方が言うには、イベントの内容に関わらず、食べ物屋台は必ず出る、そうでないとタイ人はダメなんだそうです(笑)。

きのこ.jpg

そして、エキスポ会場内で先生が持参したブルーシートを広げて、ツアー参加者の皆さんと一緒に座って食べる。これも、日本では考えられないですよね(笑)。

カオマンガイ.jpg

月並みですが、カオマンガイ。美味しい!!

料理教室.jpg

ビューティフルなタイ料理。簡単にできるのに奥行きのある複雑な味になるのはハーブの力なのかな。

ドゥサティ.jpg

駆け足で過ぎていった3日間でしたが、タイハーブとの距離が近づいた貴重な体験となりました。
その知恵と信頼を持って、仕事に役立てて行きたいと思います。


佐藤.jpg

アソーク駅のスーパーで「砂糖」が「佐藤」になってました。

posted by tencyou at 00:00| タイハーブ